AGAとは「男性型脱毛症」のことです。
AGA(男性型脱毛症)の特徴は?主な症状は?FAGA(女性男性型脱毛症)とは?
AGA(男性型脱毛症)の原因は?
AGA治療とは?AGA薬剤による治療の効果は?副作用は?費用は?
AGA薬剤によるAGA治療の辞め時は?
AGA(男性型脱毛症)に関する疑問をスッキリ解決!

sponsorlink

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、「男性型脱毛症」のことです。

AGAは英語では、Andorgenetic Alopeciaなので、直訳すると、「男性ホルモン型脱毛症」なのですが、「男性ホルモンと言えば男性でしょう」ということからかは定かではありませんが、「ホルモン」が抜けて、「男性型脱毛症」と呼びます。
※andoregenの意味は男性ホルモンです。

更に言えば、AGAは俗にいう「若ハゲ」のことです。
従って、20代から30代の男性の「若ハゲ」に多いのがAGAです。

AGAは、全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。

このデータでは、気にかけていない人も460万人いることになり、ちょっと意外ですね。

AGA(男性型脱毛症)の特徴

AGA(男性型脱毛症)の特徴は、その脱毛(抜け毛)の進行パターンにあります。
AGA(男性型脱毛症)の主なパターンは以下の3つです。

①額の生え際から後退していくタイプ⇒M型薄毛
②頭頂部から薄くなるタイプ⇒O型薄毛
③これらの混合タイプ⇒複合型薄毛

AGA(男性型脱毛症)の典型的な経過では脱毛は、こめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターン。・・・①

また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となるパターンです。・・・②

AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。
但し、AGA(男性型脱毛症)では、普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。

毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。
ここに治療の見込みがあります。
※AGA(男性型脱毛症)の治療は後述

女性のAGA(男性型脱毛症)

女性のAGAは、女性男性型脱毛症(Female AGA、FAGA)と呼ばれ、男性のパターンとは異なり、生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなります。

男性と違い、完全なハゲ頭になることは稀です。

AGA(男性型脱毛症)の主な症状

以下の症状が出たら、AGAの疑いがあります。

(1)抜け毛が多い
(2)毛が細くなった
(3)毛が伸びない
(4)地肌が透けて見える
(5)髪のセットがしづらくなった
(6)頭皮が脂っぽい
(7)髪が少なくなることが不安である

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA(男性型脱毛症)の原因は一般的に以下の影響などが主な原因と考えられています。

●遺伝
●男性ホルモン

抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

母方の祖父がハゲていれば、自分もAGAを発症して、ハゲになる可能性があります。

具体的には、AGA(男性型脱毛症)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

毛周期(ヘアサイクル)の成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

AGA(男性型脱毛症)治療と効果

AGA(男性型脱毛症)治療の具体的な内容には以下のものがあります。

●植毛など(外科的治療法)
●薬剤を塗る(外用療法)
●薬剤を服用する(内服療法)

薬剤によるAGA治療

近年、AGA治療が活発になってきた背景には、2つ薬剤の開発があります。

●フィナステリド
●ミノキシジル

フィナステリドの効果

フィナステリドを主成分としたプロペシア(万有製薬)はM型薄毛の治療に効果を発揮します。

プロペシアはDHTの作用を邪魔する働きを持ち、発毛サイクルを正常に保つのです。
※M型薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって、発毛サイクルの乱れを引き起こすことが原因となります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは血行を活発にする働きを持っています。
ミノキシジルを主成分としたリアップ(大正製薬)はO型薄毛の治療に効力を発揮します。
(リアップ)

AGA(男性型脱毛症)の副作用

ここでは、前述の薬剤の副作用について触れます。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用には、性欲減退、勃起不全や精子数の減少といった男性機能の低下があるため、医師からの処方箋が必要です。

リアップの副作用

リアップの副作用としては胸の痛み、動悸が知られています。

また、塗布部のかぶれやかゆみといった副作用があるため、「心臓に疾患のある人や高血圧の人は、医師や薬剤師に相談することが必要」と説明書に記載されています。

AGA(男性型脱毛症)治療の費用

AGA治療の費用はどれくらいかかるのでしょうか?

ここでは、前述の薬剤によるAGA治療の費用について取り上げます。

●フィナステリド配合薬の費用
●ミノキシジル配合薬の費用

フィナステリド配合薬の費用

価格はおよそ5,000円から7,000円前後で、初回のみ割引を実施している医院もあります。

ミノキシジル配合薬の費用

価格は8,000円から10,000円前後です。

AGA(男性型脱毛症)治療の通院1回でかかる費用

最近では、カウンセリングや診察が無料で受けられる医院も増えてきています。

診察が無料でない場合は、薬代とは別に初診料として3,000円から5,000円前後の費用が発生します。

ここに前述の薬剤の費用がかかります。(前述)

但し、薬剤以外の治療方法もあり、植毛など治療方法によっては、高額になる場合があります。

健康保険がほとんど適用されない

AGA(男性型脱毛症)治療は、健康保険がほとんど適用されないので治療にかかる費用をすべて自己負担する必要があります。

AGA(男性型脱毛症)治療の辞め時は?

ここでは、AGA薬剤による治療について考えます。

AGA治療には費用がかかります。
思ったように効果が出ない場合もあるでしょう。
AGA治療の辞め時はいつでしょうか?

そもそも、AGA治療はどれくらい続ければ効果が出るのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)治療で効果が出るのはいつ?

AGA治療薬は、使用を開始してから数か月ほどで効果が表れ始めると言われています。

その為、AGA(男性型脱毛症)療を開始してから1年以上経っても治療の成果が現れなかった場合には、それ以上の治療を続けても効果が期待できない可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)治療の辞め時は?

AGA(男性型脱毛症)は進行型の脱毛症です。
AGA治療薬を使うことで進行を抑制させているだけなので、「完治はしません」。

従って、基本的にAGA治療薬による治療は一生続ける必要があります。

即ち、効果が出ても、AGA治療をやめれば、薄毛が進行します。
この点をまず、認識しておく必要があります。

AGA治療薬で効果が出たなら、市販の育毛剤・発毛剤に切り替えるのも1つの方法です。
但し、費用はクリニックより安くなりますが、効果も弱くなります。
しかし、逆言えば、副作用のリスクも下がるということでもあります。

AGA治療薬で1年以上続けても効果が出ないのであれば、市販の育毛剤・発毛剤を使っても、効果が出ない可能性が大です。

さらに、AGA治療薬の副作用がきつい場合は辞め時と考えられます。

そういう意味で、AGA治療の辞め時のタイミングは以下の3点になるかと思います。

①効果が出た時
②1年以上続けても効果が出なかった時
③AGA治療薬の副作用がきつい時

勿論、効果が出たら続けるという選択肢もありますが、費用がかかることは覚悟しておく必要があります。

いずれにしても、自己判断で辞めるのではなく、最初の段階で病院やクリニックに相談して、AGA治療薬の辞め時を決めておくのも1つの方法です。

また、増毛という方法もあります。
※増毛については別記事参照

AGA(男性型脱毛症)治療の効果を高める為の食事・生活習慣

抜け毛を防ぎ、AGA治療の効果を高めるためには、頭皮の健康とともに体の健康が必要です。

基本的には抜け毛・薄毛の予防と対策と同じです。
[関連記事]
抜け毛の理由は?原因[男性・女性]は?抜け毛の本数・抜け毛が増える季節は?
▶薄毛の原因と改善・対策を男性・女性別に徹底解説!

以下の項目は、髪の毛の発育によくない習慣です。
AGA治療に取り組む以上は、注意しましょう

●不規則な食生活
●過度な飲酒
●喫煙習慣
●睡眠不足
●ストレス過多

不規則な食生活

特にビタミンや亜鉛が髪の成長に必要です。
[関連記事]亜鉛の効果と副作用・摂取量の上限・亜鉛を多く含む食べ物

過度な飲酒

アルコールを分解するために、髪の毛にとって大切なミネラルや亜鉛が消費されます。

喫煙習慣

血管を収縮させ、頭皮の血流を悪化させてしまいます。

運動不足

全身の血流を低下させます。

睡眠不足

髪は夜作られます。睡眠時間を確保しましょう。

ストレス過多

ストレスは血行不良を起こし、頭皮が固くなり、髪の毛に栄養が回らなくなります。