ふと浮かんだ疑問・問題をスッキリ解決する情報サイトです。

スッキリできるblog

健康

甘味料・人工甘味料・合成甘味料の種類と違い・危険性は?

更新日:

甘味料とは?天然甘味料とは?人工甘味料とは?合成甘味料とは?
甘味料・天然甘味料・人工甘味料・合成甘味料の種類一覧表は?違いは?危険性は?
砂糖の代用品になって糖質制限におすすめなのはどの甘味料?
甘味料・天然甘味料・人工甘味料・合成甘味料関する疑問についてズバリ解説します。

sponsorlink

甘味料とは何か?

甘味料とは、食品に甘味を付ける為に使われる調味料(食品衛生法では食品添加物)で、天然甘味料の他に人工甘味料もあります。

天然甘味料とは?

砂糖食品中に微量に含まれている甘み成分を取り出し精製、濃縮したもので食品として取り扱われるもの。

もう少し分かりやすく言うと、サトウキビやテンサイなど、天然の植物や食品中に含まれている甘味成分を摂り出して精製、濃縮した甘味料のことです。

具体例としては、ショ糖(原材料はサトウキビ、テンサイなど)、ステビオサイド(原材料はステビア)や、蜂蜜、メープルシロップ、麦芽糖などがあります。

甘味料の種類

甘味料は、天然甘味料と人工甘味料からなります。
※人工甘味料に関しては次に説明します。

人工甘味料とは何か?

人工甘味料というと、=(イコール)合成甘味料というイメージですが、実際は違います。

人工甘味料は、合成甘味料以外に糖アルコールがあります。

甘味料

合成甘味料は、天然甘味料と違い、自然界に 存在しない甘み成分を人間の手で作り出したものです。

合成甘味料は、「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」を標榜した飲料等に使われることが多いです。

糖アルコールとは?

糖アルコールとは、糖質の一種です。
合成甘味料との違いは、元々自然界にある成分を人工的に作り出すということです。

体内に吸収されにくいことが有名で、主に甘味料として使われますが、薬品や保存剤としても使われます。

糖アルコールには、以下の種類があります。
・エリスリトール
・グリセリン
・イソマルト
・マルチトール
・マンニトール
・ソルビトール
・ラクチトール
・キシリトール

この中では、キシリトールが一番馴染みがあるのではないのでしょうか?
虫歯の菌の代謝を抑えることからキシリトール入りのガムが有名です。
糖アルコールは糖質ですが、その中で「エリスリトール」だけはゼロカロリーで血糖値も上昇させません。
エリスリトールは"カロリーゼロ""糖類ゼロ"の甘味料「ラカントS」の主成分でもあります。
[関連記事]
エリスリトールとは?効果効能・危険性・糖質・ラカントSとの違いをズバリ解説!
「ラカントS」とは?効果効能・危険性・糖質制限をズバリ解説!

人工甘味料の種類

人工甘味料は合成甘味料と糖アルコールからなります。

甘味料

糖アルコールについては前述しました。
合成甘味料について説明します。

合成甘味料とは何か?

食品に存在しない甘み成分を人工的に合成したもの。なお、食品添加物の指定を取り消されたものがある。

合成甘味料は「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」を謳った飲料によく使われています。

合成甘味料の種類一覧

・アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物と併記。使用頻度高い
・アセスルファムカリウム(アセスルファムK):使用頻度高い
・スクラロース:使用頻度高い
・サッカリン(サッカリンナトリウム):歯磨き粉やのどスプレーなどに添加。
・ネオテーム
・ズルチン:使用禁止
・チクロ(サイクラミン酸):使用禁止

甘味料・天然甘味料・人工甘味料・合成甘味料の違いは?

甘味料・天然甘味料・人工甘味料・合成甘味料の関係は以下の図になります。

甘味料

甘味料

甘味料は天然甘味料と人工甘味料からなります。

天然甘味料

天然甘味料は、食品中に微量に含まれている甘み成分を取り出し精製、濃縮したもので食品として取り扱われるものです。

【天然甘味料の例】
ショ糖・ステビオサイド(原材料はステビア)・蜂蜜・メープルシロップ・麦芽糖

人工甘味料

人工甘味料は、合成甘味料と糖アルコールからなります。
糖アルコールは元々、元々自然界にある成分を人工的に作り出したものです。

【糖アルコールの例】
エリスリトール・グリセリン・イソマルト・マルチトール・マンニトール・ソルビトール・ラクチトール・キシリトール

合成甘味料

合成甘味料は糖アルコールとは異なり、食品に存在しない甘み成分を人工的に合成したものです。

【合成甘味料の例】
アスパルテーム・アセスルファムカリウム(アセスルファムK)・スクラロース・サッカリン・ネオテーム

天然甘味料・人工甘味料・糖アルコール・合成甘味料の種類の違い一覧表

天然甘味料・人工甘味料・糖アルコール・合成甘味料の種類の違いを一覧表にまとめると以下になります。

甘味成分を精製・濃縮甘味成分を人工的に合成人工甘味料
元々自然界(食品)にある甘味成分天然甘味料
【例】ショ糖・ステビオサイド(原材料はステビア)・蜂蜜・メープルシロップ・麦芽糖
糖アルコール
【例】エリスリトール・グリセリン・イソマルト・マルチトール・マンニトール・ソルビトール・ラクチトール・キシリトール
元々自然界(食品)に存在しない甘味成分合成甘味料
【例】アスパルテーム・アセスルファムカリウム(アセスルファムK)・スクラロース・サッカリン・ネオテーム

[関連記事]糖質制限~砂糖の代り(代用品)になる糖質ゼロの甘味料は?

甘味料・人工甘味料・合成甘味料の危険性は?

甘味料は、天然甘味料と人工甘味料からなります。

人工甘味料には以下の危険性が考えられます。
但し、危険性が生じるのは一時または長期的に人工甘味料を大量に摂取した場合です。

・甘みに関する味覚が鈍る
・糖尿病になるリスクがある
・下痢になる
・アレルギー症状を起こす

これらについて詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。⇒「エリスリトール」の危険性は?

-健康
-, , ,

Copyright© スッキリできるblog , 2019 All Rights Reserved.