ふと浮かんだ疑問・問題をスッキリ解決する情報サイトです。

スッキリできるblog

健康

「ラカントS」とは?効果効能・危険性・糖質制限をズバリ解説!

更新日:

「ラカントS」とは一言で言うとカロリーが0なのに砂糖の変わりに使える植物由来の天然成分で作られた人工甘味料です。
「ラカントS」にはどのような効果効能があるのでしょうか?
危険性は?糖質制限には使用できる?
「ラカントS」に関する疑問についてズバリ解説します。

sponsorlink

「ラカントS」とは?

ラカントS

「ラカントS」とはサラヤ株式会社と言う会社が出している商品の名前で、植物由来の天然成分で作られた人工甘味料です。

「ラカントS」は、羅漢果という植物の果実のエキスとエリスリトールという糖アルコールを配合された甘味料で、このうち羅漢果のエキスが0.8%、残りの99.2%がエリスリトールです。
※「羅漢果」について詳しくは⇒羅漢果(ラカンカ)とは?効果効能・危険性・糖質・ラカントとの違いは?

「ラカントS」の甘さは?

羅漢果(ラカンカ)は砂糖の約300倍の甘さですが、原料の99.2%を占めるエリスリトーの甘さは砂糖の75%です。

「ラカントS」は、エリスリトートに羅漢果エキスを加えることで砂糖と同じ量で同じ甘さを実現していると言えます。

「砂糖とほぼ同じ甘さ」「比較的クセが少ない」のが特徴です。

砂糖より体に良く、比較的砂糖の変わりに使える人工甘味料であると言えます。

「ラカントS」の糖質・カロリー

「ラカントS」の99%以上を占める主成分であるエリスリトールは厚生省のエネルギー評価法により0kcal/gと認められている唯一の糖質です。

栄養成分

「ラカントS」の100g当たりの栄養成分は以下になります。

熱量・・・0kcaL たんぱく質・・・0.1g 脂質・・・0g 炭水化物・・・99.5g ナトリウム・・・0mg ショ糖・・・0g

「ラカントS」の糖質は

「ラカントS」のパッケージには「糖類0」とあります。
糖質はどれくらい含まれているのでしょうか?

「ラカントS」が炭水化物が99.5%です。
しかし、炭水化物=糖質ではありません。

炭水化物は糖質+食物繊維です。
糖質は多糖類・糖アルコール・その他と糖類に分類されます。

「ラカントS」の主成分はエリスリトールです。
エリスリトールは糖アルコールの一種、体内に吸収されますが全く利用されずにそのまま出て行きます。

糖アルコールのなかで血糖値を全く上昇させないのは、エリスリトールだけです。糖質制限食に最適なので、糖尿病、肥満症の方にもおすすめです。
※エリスリトールについて詳しくは⇒エリスリトールとは?効果効能・危険性・糖質・ラカントSとの違いをズバリ解説!

「ラカントS」はどこで買える?

「ラカントS」はは通販で購入できます。

「ラカントS」800gの値段は?

「ラカントS」800gの参考価格(Amazon)は2,700円です。

「ラカントS」の液状タイプは?

上記の「ラカントS」は顆粒タイプです。
液状タイプもあります。

こんな使い方ができます。

●素材を生かす自然な甘味で、冷たいものにも溶けやすいので、お料理、お菓子づくり、コーヒー・紅茶などに幅広くお使いいただけます。
●甘味料をたくさん使う、ぜんざい、ジャムなどにもおすすめです。

「ラカントS」の効果・効能

「ラカントS」は、血糖値上昇もゼロで、糖尿病、メタボリックシンドローム、肥満症の方に適した特別用途食品の認定を受けています。

血糖値を上げない甘味料として、糖尿病の方もカロリーを気にせず安心して利用していただけます。

しかしながら、人工甘味料を過剰に摂取した場合、危険性が指摘されることがあります。

「ラカントS」の危険性は?

次に「ラカントS」の危険性について説明します。

「ラカントS」に限らず、人工甘味料は過剰に摂取した場合、以下の危険性があると、考えられています。
※適度な摂取には問題ありません。

・甘みに関する味覚が鈍る
・糖尿病になるリスクがある
・下痢になる
・アレルギー症状を起こす

甘みに関する味覚が鈍る

カロリーが0だからと「ラカントS」を大量に摂取すると甘いものへの依存を作ってしまう恐れも…。

これは「ラカントS」に限ったことではありません。

糖尿病になるリスク

「ラカントS」は血糖値が上がらない糖です。

しかし、「これがメインの糖だ」と脳が判断するほどに大量に長い間摂取していた場合、体質が変化して行き、「ラカントS」を摂取した時もすい臓がインシュリンを分泌するようになる可能性があります。

しかしながら、これも相当な量を長い間摂取した場合の話なので、適量の摂取に関しては問題ありません。

下痢になる危険性

人工甘味料や希少糖の中には結構消化されにくいものがあり、「ラカントS」も砂糖に比べると消化が悪いため、一日で相当な量を摂取すると消化不良による下痢を引き起こす可能性が考えられます。

しかしながら、「ラカントS」の主成分であるエリスリトールは大腸への移行が少なく、小腸で90%以上吸収されます。

そのため、通常の糖アルコールよりも下痢を起こしにくく、腸内でのガスの発生量は少ないと報告されています。

従って、エリスリトールは他の糖アルコールに比べて下痢になる危険性が最も低い糖アルコールです。

アレルギー症状を起こす

稀に一時的に湿疹が出るケースが。

しかし、「ラカントS」の主成分であるエリスリトールでアレルギー症状を起こす人は100万人中1人いるかどうかぐらいの確率です。

アレルギー症状は気にしなくて良いでしょう。

-健康
-, ,

Copyright© スッキリできるblog , 2019 All Rights Reserved.