ボタニカルシャンプーが人気です。
ボタニカルシャンプーとは何でしょうか?
やはり、人気のオーガニックシャンプーとの違い?
ボタニカルシャンプー効果は?副作用はある?使い方は?選び方は?
おすすめのボタニカルシャンプーは?
ボタニカルシャンプーに関する疑問がスッキリ解決!

sponsorlink

ボタニカルシャンプーとは何か?

ボタニカルまず、ボタニカルシャンプーの「ボタニカル」とは何でしょうか?

「ボタニカル」は、シャンプーだけでなく、ボタニカルコスメ、ボタニカル化粧水、ボタニカルオールインワンゲル、ボタニカルヘアオイル等のボタニカル商品があります。

さらに、ボタニカル柄、ボタニカルアート等ファッションや芸術関連にも使われています。
そういえば、ボタニカルフェイスメーカーもあります。

ボタニカルとは?

ボタニカル(botanical)とは、「植物の」「植物から作られている」という意味です。

ボタニカル柄は、植物をあしらった柄というわけですね。

生活の中に植物をとり入れることを意味する「ボタニカルライフ」を送っている方もいるとか。

ボタニカルは日常生活に浸透しつつあるようです。

こうやって見てくるとボタニカルシャンプーが何たるかは何となく想像がつくのではないでしょうか?

ボタニカルシャンプーは「植物由来成分を使ったシャンプー」のことです。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーに違い

さて、次の疑問は、ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーに違いは何?ということです。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーはいずれも「植物由来」を謳っています。

しかし、商品の販売ページを見ると、ボタニカルとオーガニックの両方を謳っているシャンプーもあります。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いは何でしょうか?
※オーガニックシャンプーについて詳しくは⇒オーガニックシャンプーとは?効果と副作用・選び方をスッキリ解説!

ボタニカルとオーガニックの違い

まず、ボタニカル商品とオーガニック商品の違いを見てみましょう。

●ボタニカル商品
植物由来成分から作られた商品

●オーガニック商品
有機栽培した植物由来成分を使った商品

ボタニカル商品もオーガニック商品も、いずれも植物由来成分(エキス)を使っています。

但し、オーガニック商品の場合は、同じ植物でも有機栽培した植物であることが特徴です。
[関連記事]オーガニックとは?有機栽培・無農薬栽培・自然農法の違いは?

また、日本では、農作物に関してはオーガニックの基準がありますが、化粧品やシャンプーに関してはありません。

しかし、海外ではオーガニックの基準があります。

このように、ボタニカルの中にオーガニックが含まれるという認識でイメージです。

但し、商品となった場合は、オーガニック商品がボタニカル商品より必ずしも上とは限らないので注意が必要です。

ボタニカルシャンプーの効果

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分が配合されているので以下の効果が期待できます。

・刺激が少なく髪や頭皮に優しい
・髪に潤いを与える
・フケやかゆみの改善
・頭の匂い予防
・髪のアンチエイジング

ボタニカルシャンプーの副作用

ボタニカルシャンプーに副作用はありませんが、オーガニックシャンプーと同様、余計な成分が配合されていないのが基本なので、以下の問題が発生する可能性があります。

・泡立ちが悪い
・洗浄力が低い
・洗った後に髪がきしむ

勿論、商品によって異なります。

そこで、普通のシャンプーとは異なる使い方が必要です。

ボタニカルシャンプーの使い方

普通のシャンプーとは異なる使い方と言っても、基本は変わりません。
むしろ、シャンプーの基本を忠実に行なうといった方がよいかもしれません。

世の中にはシャンプーを使わない方もいます。
お湯だけで結構、髪や地肌の汚れは落ちます。

逆に必要以上の脂分を摂り過ぎないという利点もあります。

さて、シャンプーの基本的な使い方です。

①きちんと汚れを落とす
②髪に十分水を含ませる
③シャンプーはたっぷり使う
④リンスを使う
④まずは1本使い切る

最後の「まずは1本使い切る」は、今まで、今までシリコンや界面活性剤が入ったシャンプーを使っていた場合、いきなり、ボタニカルシャンプーやオーガニックシャンプーに切り替えると、どうしても馴染むまでに時間がかかることがあります。

そこで、「まずは1本使い切る」ことが大切になります。

そして、シャンプーと同じメーカーのリンス(コンディショナー)を使うのがオススメです。

ボタニカルシャンプーの選び方

ボタニカルシャンプーの選び方は、オーガニックシャンプーと同じです。

ボタニカルシャンプーというだけで、体によい成分だけが入っているとは限りません。

せっかく、植物由来成分配合のシャンプーを使うのですから、以下の成分が無添加、無配合のボタニカルシャンプーを選びましょう。

・石油系界面活性剤
・シリコン
・防腐剤
・合成香料
・その他

ボタニカルシャンプーのおすすめ

ボタニカルシャンプーというと、BOTANIST(ボタニスト) が有名ですが、ボタニカルシャンプー&トリートメントシリーズは種類があり、評価も様々。

その中で「ボタニカルダメージケアシャンプー&ダメージケアトリートメント 」は5つ星中4.3と高評価です。

BOTANIST(ボタニスト) 「ボタニカルダメージケアシャンプー&ダメージケアトリートメント 」

「ボタニカルダメージケアシャンプー」は単品販売もありますが、トリートメントと一緒に使うと効果的です。

[口コミ]
「ちょっと秋に入ってパサツき気味になってきたのですが、これを見事に替えてくれました。
洗ってる最中も泡が多めに立つので泡で洗ってる感じがあってなんていうか贅沢な時間を過ごすことが出来ます。
洗い上がりはサラサラとシットリが上手くバランスしたようになるのでセットもしやすくてすごく気に入っています。」

[口コミ]
「洗い上がりの感覚では、髪をしっかりとケアし、サラサラにしています。
ダメージケアへの差別化が図られていると思いました。
『植物系&せっけん系成分を配合』ということですが、意外とシャンプーの泡立ちは良かったですね。しっかりと汚れを洗い流してくれます。
シャンプーとトリートメントを同じブランドで使うことで、翌日の髪の状態はサラサラでした。一緒に使うことで効果が表れるのはよく分かりました。