オーガニックシャンプーが人気です。
オーガニックシャンプーとは何でしょうか?
普通のシャンプーと何が異なるのでしょうか?
オーガニックシャンプーの効果は?副作用は?
オーガニックシャンプーとは?効果と副作用・選び方をスッキリ解説します。

sponsorlink

オーガニックシャンプーとは?

シャンプー

オーガニックシャンプーの「オーガニック(obidos)」とは「有機栽培の」という意味です。

「有機栽培」とは、化学的に合成された肥料および農薬を使用しない栽培方法です。「有機農法」とも言います。
[関連記事]オーガニックとは?有機栽培・無農薬栽培・自然農法の違いは?

では、「有機栽培のシャンプー」とは何でしょうか?

「オーガニックシャンプー(有機栽培のシャンプー)」とは、「有機栽培の植物成分を原料として作られたシャンプー」のことです。

農作物の場合、農林水産省により有機認定を受けると有機JASマークが使用できます。

ところが、化粧品やシャンプーは厚生労働省の管轄となる為、有機JASマークの対象ではありません。

今のところ、日本では何をもって「オーガニックシャンプー」するかの基準がありません。

シャンプーの中に1種類でもオーガニックの成分が入っていれば、各メーカーの判断によって「オーガニックシャンプー」と呼ばれていますので注意が必要です。

では、オーガニックシャンプーは普通のシャンプーと何が違うのでしょうか?
何か特別な効果があるのでしょうか?

オーガニックシャンプーの効果

日本の場合、オーガニック成分を配合したシャンプーをオーガニックシャンプーと呼んでいるようです。

各メーカーのオーガニックシャンプーのHPを見ると、「100%天然由来の成分」や「植物エキス」を配合したシャンプーをオーガニックシャンプーと呼んでいるようです。

勿論、以下のものも基本的に無添加です。

・石油系界面活性剤
・シリコン
・防腐剤
・合成香料
・その他

「100%天然由来の成分」や「植物エキス」を配合し、シリコンや防腐剤を無添加にすることで、頭皮や髪に優しいシャンプーと言えます。

オーガニックシャンプーの副作用

ノンシリコンや界面活性剤無添加のオーガニックシャンプーは泡立ちが悪かったり、洗った後に髪がきしむ可能性があります。

次にこれらの問題をクリアするオーガニックシャンプーの効果的な使い方をご紹介します。

オーガニックシャンプーの効果的な使い方

①きちんと汚れを落とす
②髪に十分水を含ませる
③シャンプーはたっぷり使う
④リンスを使う
⑤まずは1本使い切る

オーガニックシャンプーの選び方

前述したように、日本ではオーガニックシャンプーの規定はありません。
そこで、商品を購入する時は以下の2点は最低限チェックしましょう。

①オーガニックエキスを数種類使用
②シリコンや石油系界面活性剤、防腐剤、合成香料無添加

尚、「オーガニック」歴史が長い欧米では、オーガニック認証があります。

オーガニックシャンプーを購入する時は、オーガニック認証を取得したシャンプーを選ぶのも1つの方法です。