ふと浮かんだ疑問・問題をスッキリ解決する情報サイトです。

スッキリできるblog

ダイエット 食品

バターコーヒーダイエットの効果・バターコーヒーの作り方[ギー・インスタントでも可?]徹底解説

更新日:

バターコーヒーは全米で一台ブームを巻き起こした「THE BULLETPROOF DIET(完全無欠ダイエット」で紹介されたことから、ダイエット効果が期待できると、日本でも人気です。
但し、バターコーヒーを飲んでいるが「痩せない」と言う方も。
バターコーヒーダイエットには実際にどのような効果があるのでしょうか?
バターコーヒーの作り方や効果的な飲み方は?
また、バターコーヒーは高品質なコーヒー、グラスフェッドバター、MCTオイルで作るのが基本ですが、ギーやインスタントコーヒーでも代用できるのでしょうか?
バターコーヒーダイエットの効果及びバターコーヒーの作り方を徹底解説。
コンビニで販売されているバターコーヒーや通販のインスタントバターコーヒーもご紹介します。

sponsorlink

バターコーヒーとは?

近年、ハリウッドスターやトップアスリートが実践し、全米で一台ブームを巻き起こした「THE BULLETPROOF DIET」。

その基本となるのが、バターコーヒーです。

バターコーヒー

バターコーヒーブームのきっかけ

バターコーヒーがダイエットに効果があるとアメリカで注目されるきっかとなったのが、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本。

オリジナルタイトルは、「THE BULLETPROOF DIET」。
「bulletproof」の意味は「防弾」であることから、直訳すると「防弾ダイエット」となりますが、これでは意味が分かりませんね。

「bulletproof」には「防弾」以外に「欠点がない」「批判の余地がない」と言う意味があることから、「THE BULLETPROOF DIET」「完全無欠ダイエット」と訳されることもあるようです。

著者は、シリコンバレーの起業家であるデイヴ・アスプリー。
この本で、デイヴ氏はバターコーヒーで体重140kgから50kgの減量に成功したとして、バターコーヒーダイエットの方法を紹介しています。

バターコーヒーとは何?

「bulletproof」の意味から、バターコーヒーは、「防弾コーヒー」あるいは「完全無欠(の最強)コーヒー」と呼ばれることもあります。

では、バターコーヒーとは何でしょうか?
字面からは、コーヒーにバターを入れたものをイメージしますが、半分は正しく、半分は間違いです。

バターコーヒーの材料は以下の3点。

●高品質なコーヒー
●グラスフェッドバター
●MCTオイル

コーヒー

コーヒーにはポリフェノールやカフェインが含まれ、腸内環境の改善や脂肪燃焼効果等があります。

バターコーヒーに使用するコーヒー豆は、お好みの豆でOK。

グラスフェッドバター

バターにはグラスフェッドバターとグレインフェッドバターの2種類があります。

グラスフェッドバターは、抗生物質やホルモン剤などを投与せず、草だけを食べて育った牛の乳から作られるバターで、普通のバターと比べ、不飽和脂肪酸の一種である共益リノール酸、オメガ3脂肪酸、ビタミンA、ビタミンEが多いのが特徴です。

脂肪燃焼効果が期待できます。

MCTオイル

MCTはココナッツオイル等に含まれる中鎖脂肪酸100%の食用油です。
エネルギーになり易く、体脂肪として蓄積されにくいので、ダイエットに最適です。
MCTオイル(中鎖脂肪酸)の効果・副作用・効果的な飲み方~寝る前に飲むと太る?【徹底解説】
MCTオイル(中鎖脂肪酸)おすすめ5選【徹底比較】価格・内容量・口コミ評判

バターコーヒーには、ダイエット効果が期待できる3種類の材料が使われていることが分かります。

バターコーヒーの基本的な作り方

バターコーヒーの作り方は簡単。
ドリップしたコーヒーに材料を全て加えて攪拌するだけ。

攪拌するのは、水(コーヒー)と油(グラスフェッドバター・MCTオイル)を混ぜるだけでは、分離してしまう為と思われます。
勿論、攪拌することで、クリーミーな味わいになります。

バターコーヒーの材料(1杯分)

●コーヒー豆(挽いたもの):15g
●グラスフェッドバター:15g
●MCTオイル:15ml(大さじ1杯)
●お湯:250ml

バターコーヒーの作り方

1.ドリップコーヒーを作る。
コーヒーサーバーに予めグラスフェッドバターを入れておく。
※コーヒーの熱で溶かして攪拌しやすくするため。
2.MCTオイルを加えてミルクフローサーで攪拌する。
30秒目安
3.グラスフェッドバターとMCTオイルが十分に乳化したら出来上がり。
時間が経つと油脂が分離するので、できるだけ早くお召し上がり下さい。

以上のバターコーヒーの基本的な作り方は、バターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」さんの著書「魔法のバターコーヒーダイエット」を参照しました。

バターコーヒーダイエットとは?

「バターコーヒー」がダイエットに効果が期待できることがわかりました。
しかし、「バターコーヒー」さえ飲めば、「痩せる」というものではありません。

「バターコーヒー」を飲んでいるのに「痩せない」と言う方はこの部分を誤解されているのかもしれません。

そもそも、「バターコーヒー」は、「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」で提唱されている「完全無欠ダイエット」の一部です。

基本は糖質制限ダイエット。

糖質制限ダイエットのメリット・デメリット

炭水化物に含まれる糖質は血糖値を上げ、太る原因になります。
そこで、糖質制限ダイエットが生まれたわけですが、糖質制限ダイエットにはデメリットがあります。

●空腹感
●頭がボーとする
●疲れやすい

これらはいずれも、糖質(ブドウ糖)が通常、体や脳のエネルギー源となっている為です。
但し、タンパク質、脂肪もエネルギー源になります。

糖質制限ダイエットを行い、ブドウ糖が不足すると、脂肪が分解され、ケトン体が生成され、ケトン体がエネルギー源となります。

但し、ブドウ糖をエネルギー源とすることに慣れている体は、ブドウ糖が不足したからと言って、急にケトン回路(ケトジェニック)に切り替わりません。

その結果、脳に栄養が行かず、「頭がボーとする」「集中できない」といった症状が起きます。

バターコーヒーダイエットの効果

バターコーヒーはこのケトン体回路を促進・維持するのに役立ちます。

即ち、ブドウ糖が不足するとケトン体が速やかに生成され脳のエネルギー源となりますので、ダイエットだけでなく、「集中力が上がる」「睡眠の質が良くなる」「頭がすっきりする」「疲れにくくなる」などの効果が期待できます。

そして、バターコーヒーで多くの方が経験する効果が「腹持ちがよく、空腹感を感じない」ということです。

これはバターコーヒーに含まれている脂質のお蔭です。

以上のことから、バターコーヒーは、糖質制限ダイエットのメリットを解消する働きがあります。

バターコーヒーダイエットの基本的なやり方

「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」で提唱されているダイエットの基本的な方法は以下です。

●夕食から次の日の昼まで何も食べずに15~18時間(18時間が推奨)断食時間とする。
※バターコーヒーは食事に含めない。
●朝食にバターコーヒーを1~2杯飲む。
※バターコーヒー以外は何も飲食しない。
●昼食と夕食は糖質制限食。
※炭水化物は1日30g以下に抑える。

既に糖質制限食に取り組んでいる人にとっては、朝食をバターコーヒーに置き換えるだけなのでやりやすいかと思います。

しかし、これからバターコーヒーダイエットを始める方は、自分が出来る範囲から取り組んでみてはいかがでしょうか?

大事なことは継続です。

ただ、糖質制限ダイエットは、糖質の摂取は制限するものの、他は何を食べても良いのでカロリー制限ダイエットに比べるとはるかに継続しやすいです。

注意点はタンパク質をしっかり摂ることです。

ネックがあるとすれば、バターコーヒーを作る手間と費用です。

バターコーヒーのバターはギーで代用できる?

バターコーヒーダイエットで使うバターはグラスフェッドバターが推奨されています。
但し、グラスフェッドバターには以下のデメリットがあります。

●一般的なバターに比べ高い
●手に入りにくい
●冷蔵庫で保存、温度が低いと固形で溶けにくい

一般的なバターに比べ高い

グラスフェッドバターは一般的なバターに比べ、手間がかかっている分、高いです。
また、一般的なバターに比べ流通が少ない(手に入りにくい)ことも理由の1つだと考えられます。

グラスフェッドバターは産地が色々あり、価格もピンキリです。

手に入りにくい

グラスフェッドバターは、店頭販売されていることが少ないです。
通販で入手できますが、単品だと送料がかかります。
まとめて購入すると送料無料となる場合が多いので、通販で購入する場合はまとめ買いがオススメです。

温度が低いと固形で溶けにくい

固形で溶けにくいのが問題なるのはアイスコーヒーを作る時です。

アイスコーヒーを作る時は、ホットのバターコーヒーを作り、氷を入れて冷やすのが一般的ですが、氷を入れると味が薄まるというデメリットがあります。
そこで、予め、濃い目のバターコーヒーを使います。
但し、加減が難しいということもあります。

ギーは、グラスフェッドバターの代りにはならないのでしょうか?

ギーとは?

ギー(Ghee)とは、インドを中心とした南アジアで古くから作られ、食用に用いるバターオイルの一種。
ギーは牛乳や水牛の乳や無塩バターなどを煮詰め、 水分や蛋白質を取り除き、純粋な乳脂肪となっている。
引用元:Wikipedia

ギーには以下の特徴があります。

●乳糖不耐性の人も大丈夫
●中鎖脂肪酸が多い
●ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあるプチル酸が豊富
●ビタミンEが豊富=酸化しにくい⇒長期保存できる

ギーとバターの違い

ギーは、加熱過程で水分や糖分、タンパク質などが取り除かれるため、 バターよりも純粋なオイルです。

その為、バターよりも腐りにくく、常温でも保存可能です。

後は風味の違い。

ギーもバター同様、グラスフェッドギーと一般的なバターがあります。

グラスフェッドギーはグラスフェッドバターより扱いやすく、勿論、グラスフェッドバターの代用になります。
グラスフェッド・ギー~バターコーヒーにおすすめのギーオイル4選【徹底比較】

ギーコーヒーの作り方

ギーコーヒーの作り方は、バターコーヒーの作り方と基本的に同じです。
グラスフェッドバターの代りにグラスフェッドギーを使うだけです。

ギーはバターを水分等を取り除いてあるので、グラスフェッドバターを大さじ1杯入れる所は、小さじ1~2杯で良いようです。

バターコーヒーはインスタントコーヒーでも作れる?

バターコーヒーの基本的な作り方には「高品質なコーヒー」とあります。
インスタントコーヒーは代用できるのでしょうか?

結論から言うと、バターコーヒーはインスタントコーヒーでも作れます。

理想はコーヒー豆でドリップすることですが、面倒だという方はインスタントコーヒーでも構いません。

また、コーヒーが苦手な方は、紅茶、ココア、抹茶でも代用できます。
但し、糖質制限が基本なので、無糖のものをご使用下さい。
作り方は、バターコーヒーと基本的に同じです。

バター紅茶

コーヒーの代りに紅茶の茶葉(4g)を使います。
その他の分量はバターコーヒーと同じです。

バターココア

コーヒーの代りにココア(4g/小さじすりきり2杯)を使います。
ココアはココアパウダー100%の純ココア。
お湯は130ml、その他の分量はバターコーヒーと同じです。

甘味が足りないと感じる時は、ラカント(人口甘味料)をお好みで3~4gお使い下さい。

バター緑茶

コーヒーの代りに抹茶(2g/小さじすりきり1杯)を使います。
お湯の量は150~200ml。
その他の分量はバターコーヒーと同じです。

バターコーヒーの攪拌はミルクフローサーでないとダメ?

バターコーヒーは材料をしっかり攪拌することが大事です。
しっかり攪拌すると乳化し、「脂質が吸収しやすい」「美味しい」といった効果が期待できます。

バターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」さんの著書「魔法のバターコーヒーダイエット」では攪拌機としてミルクフローサーが紹介されています。

「ミルクフローサー」とはひとことで言うと、ミルクを泡立てるための小さい機械のことです。「ミルクフォーマー」とも言います。

100均のミルクフローサーはどうなの?

通販のミルクフローサー(ミルクフォーマー)は1500円前後します。
ダイソー等の100均ショップでもミルクフローサー(ミルクフォーマー)は販売されています。

これが中々使えるようで、試しに購入する人が続々いるとか。

試す価値はありますね。

シェイカーは攪拌機の代りになる?

粉末の青汁と水等を混ぜる時などに使うシェイカーも攪拌機の代用が可能です。
シェイカーに材料を入れて思いきり振れば、かなりいい具合の泡になるそうです。

バターコーヒーの効果、基本的な作り方及びコーヒーやグラスフェッドバターの代用品をみてきました。

但し、中には、バターコーヒーがダイエットや健康に良さそうなの分かったが、材料を揃えたり、作るのが面倒と言う方もおられるのではないでしょうか?

そんな方に朗報です。
バターコーヒーが市販されています。

コンビニのバターコーヒー

コンビニのファミマとサンクスでバターコーヒーが販売されています。
商品名は「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」です。

「バターコーヒーオリジナル」と「バニラ風味」の2種類。
違いは、「バニラ風味」は甘味料が使用されており、「バターコーヒーオリジナル」に比べて甘いという点。

糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)

材料は、コーヒー、グラスフェットバター、MCTオイル、他。
冷蔵保存です。

「電子レンジで加熱する際は別の容器に移してください。」とあります。

値段はいずれも税込198円。

コーヒーバターは本来、冷えると水と油が分離しますが、「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」は乳化剤を入れることで分離を防いでいます。

「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」のメリット

「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」最大のメリットは、バターコーヒーの材料を仕入れる手間や作る手間がいらないということです。

ファミマやサンクスがあれば、入手可能です。

「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」のデメリット

「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」は以下のデメリットがあります。

●グラスフェットバターやMCTオイルの配合量が不明
●値段がソコソコする。
●乳化剤等余分な成分が配合されている。
●温かい「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」を飲みたい時は、別の容器に移してから電子レンジで温める必要がある。

とりあえず、バターコーヒーをアイスで飲みたい方、バターコーヒーはどんなものか試してみたい方、バターコーヒーを作るのは面倒だといった方にオススメです。

残念ながら、「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」は通販では販売さていません。

但し、インスタントタイプのバターコーヒーは通販で販売されています。

インスタンタイプのバターコーヒー

インスタントタイプのバターコーヒーはお湯や水を入れるだけでバターコーヒーが作れるので手軽です。
▶インスタントタイプのバターコーヒーのおすすめは⇒バターコーヒー[インスタント]おすすめ4選~値段・内容量・原材料・栄養成分・口コミ【徹底比較】

デカフェ(カフェイン0)のインスタントのバターコーヒーも市販されています。
妊娠中や授乳中のお母さんやカフェインを控えている方にオススメです。

インスタントタイプのバターコーヒーのメリット

●お湯又は水を入れるだけでバターコーヒーが作れる。
●「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」に比べて断然安い。

インスタントタイプのバターコーヒーのデメリット

●グラスフェットバターやMCTオイルの配合量が不明
●バターはグラスフェットバターとは限らない。

尚、市販のバターコーヒーにはコーヒー、バター、MCTオイル以外に様々な原料が配合されています。
これはメリットと言えますが、純粋なバターコーヒーからすると、余分な成分です。

通販のバターコーヒーは、近くに「糖質0(ゼロ)BUTTER COFFEE(バターコーヒー)」を販売しているファミマやサンクスがない、といった方に重宝です。

また、とりあえず、バターコーヒーがどんなものか試してみたいといった方にもオススメです。

-ダイエット, 食品
-, , ,

Copyright© スッキリできるblog , 2019 All Rights Reserved.