ソーダストリームの炭酸(ソーダ)メーカーで炭酸水を作る時には専用ボトルが必要です。専用ボトルには1Lと500mLがあります。
ボトルの種類の違いは?洗い方は?使用期限は?代用はきく?交換は?
ソーダストリームの専用ボトルに関する疑問を徹底解説します!

sponsorlink

ソーダストリームの専用ボトルとは?

ソーダストリーム500mlボトル

ソーダストリームの専用ボトルとは、ソーダストリームの炭酸水(ソーダ)メーカーで炭酸水を作る時に本体にセットする容器です。

ソーダストリーム専用 追加ボトルを購入すれば、さらに炭酸水ライフの楽しみ方が広がります。
● 作った炭酸水の保存に
● 異なるフレーバーで炭酸飲料を作りたいときに
● ホームパーティーなど多めの炭酸水が欲しいときに
● 外への持ち運びに
※スターターキットには既に1本(1リットルサイズ)のボトルがついています。

専用ボトルはサイズや材質に種類があります。
※後述します。

ボトルの代用は?

ボトルは、炭酸ガス注入時に圧力に耐えられるよう特殊な設計がなされています。

また、ソーダストリームにのみ取付できる専用ボトルです。

他の容器でボトルの代用はききません。

ボトルの種類・違い

ソーダストリームの専用ボトルには種類があります。

容量の違い

容量は1L用と500mL用があります。
※スターターキットには既に1本(1リットルサイズ)のボトルがついています。※クリスタルは除く

1L用だとすぐに飲み切らないと炭酸が抜けていきます。

炭酸濃度は24時間で70%、48時間で50%に下がると言われています。

炭酸が抜けてきたら、再度、炭酸を注入すれば、シュワシュワが戻りますが、不経済です。
500mL用があると便利です。
Spirit (スピリット) のスターターキットには1Lと500mLの専用ボトルがセットされています。

ソーダストリーム「Mini Deluxe(ミニ デラックス) は500mL専用です。1Lは使えません。

「スピリット」その他の機種は1Lと500mLの両方が使えます。
専用ボトルは互換性があります。
※その他の機種とは、Source v3(ソース v3)Spirit (スピリット) Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス)Source Power(ソース パワー)の事です。

その他の機種で500mLで炭酸水を作る場合、1Lボトルで炭酸水を作る際より、少ない炭酸ガスの注入回数でできます。

尚、500mLの専用ボトルで実際に作れる炭酸水は350mLです。

材質の違い

専用ボトルにはサイズ以外に材質の違いがあります。
材質によって試用期間が異なることはありません。
スタイルの問題です。

●Fuse(ヒューズ)ボトル(1L/500ml)
シェイプアップされたスタイリッシュなシルエット、曲線美が際立つしずく型ボトルです。
ポリエチレンテレフタレート製とステンレス製(1L用のみ)があります。

●その他の専用ボトル(1L)
「専用ボトル」とだけ記載があるのはプラスチック製のボトルです。

ボトルの使用期限

ボトルは、炭酸ガス注入時に圧力に耐えられるよう特殊な設計がなされていますが、材質の特性上、経験劣化します。

安全にお使いいただく為に使用期限を迎えたボトルは廃棄し新しいボトルに交換して下さい。

ボトルの使用期限はどれくらい?

ボトルの使用推奨期限は2年です。

但し、これは使用頻度にもよるかと思います。

ボトルが変形した場合は廃棄し、新しいボトルに交換して下さい。

ボトルの洗い方

研磨剤を含まない洗剤で、食器やコップと同じように洗って頂ければ大丈夫です。

専用ボトルのブラシが販売されています。
ボトルの奥にまでブラシが届き、1Lサイズのボトルもキレイに洗う事ができるのでおオススメです。

但し、ボトルの耐熱温度は49度です。
お湯や食器洗い機では洗わないでください。

誤ってお湯や食器洗い機で洗った場合は、そのボトルは廃棄し新しいボトルに交換して下さい。

ボトルはお水やぬるま湯で洗ってください。
必要に応じて台所中性洗剤をお使い下さい。

詳しくは、製品により異なりますので、購入時に付属している説明書をご確認下さい。

ボトルの交換

ボトルはガスシリンダーと違い、破棄できます。
交換は必要ありません。

必要な時は購入することになります。

ボトルは冷蔵庫で使える?

炭酸水(ソーダ)メーカーで作った炭酸水をすぐに飲み切れない場合、専用ボトルの栓を締め、冷蔵庫で1~2日保存できます。

尚、冷凍庫では保存しないでください。
ボトルの耐熱温度は2度です。

誤って冷凍庫で保存した場合は、そのボトルは廃棄し新しいボトルに交換して下さい。

また、炭酸が弱くなった場合は、炭酸水であれば、炭酸を追加注入すると、当初のシュワシュワの炭酸水が再度、楽しめます。
※お水以外の炭酸飲料には炭酸の注入はできませんので、ご注意下さい。