スクワットで腹筋が割れるのは本当です。
勿論、ダイエットに効果があります。
しかし、「スクワットを続けているが効かない(効果がない)」という方はおられませんか?
スクワットで腹筋が割れる理由、何故、ダイエット効果あるのか等の正しい知識と効果が出る正しいスクワットの方法(やり方)をご紹介いたします。

sponsorlink

スクワットで腹筋が割れる理由

スクワット

スクワットを続けると腹筋が割ることが可能です。
というか、腹筋は元々割れています。

では、何故、今、割れていないのか?
それは皮下脂肪が腹筋を覆っているからです。
[関連記事]体脂肪率・内臓脂肪・皮下脂肪の違いと関係を徹底解説!

だからと言って、腹筋運動をやっても部分やせは出来ません。

体全体の体脂肪を減らす事でお腹周りの脂肪(肉)も落とすことができます。

体脂肪を減らすには、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。
その為に以下の2点が必要です。

・消費カロリーを増やす⇒筋トレで筋肉量を増やす
・摂取カロリーを減らす⇒食事制限

筋トレで筋肉量を増やすには特に大きな筋肉が集中している下半身を鍛えることが大切です。

そして、下半身を鍛えるにはスクワットが最適です。

スクワットはダイエットに効果あり?

消費カロリーの6割は基礎代謝です。
筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると寝ている間もカロリーが消費され続けるので、筋肉量を増やす事はダイエットに効果があると言えます。

但し、いくらスクワットがダイエットに効果があると言っても、食べ過ぎて、摂取カロリーが消費カロリーをオーバーすると、太る原因になります。

筋トレと食事制限はセットでお考え下さい。
[関連記事]腹筋を鍛えても効果なし?腹筋を割る効果的筋トレ&食事方法

正しいスクワットの方法は?

スクワットを含め、筋トレで効果を出すには正しい方法を実行する必要があります。

・負荷
・回数
・頻度

負荷は?

あと2回できるぐらいの余力を残して10回行うことができれば、それが
適切な負荷です。

その為には正しいフォームが大事です。

そして、目的の筋肉に効いていることを意識しながらトレーニングします。←重要です。

膝が痛い?

又、筋肉は鍛えるけれど、関節には負荷をかけないことも大切です。
スクワットをするようになって「膝が痛い」という場合は、スクワットのやり方が間違っています。

関節は消耗品なので、損傷すると回復まで時間がかかります。

関節を守る為にも、正しいフォームと適切な負荷で行うようにしてください。

筋トレを行うスピードも大切です。

基本は体を上に上げる動作は1秒、下げる動作には2秒。
慣れてきたらその倍で行います。

ゆっくり動かすほどしっかり鍛えることが出来ます。

スクワットの正しいフォーム

坂詰式スクワットの正しいフォームが動画で公開されています。
ご参考にして下さい。

こちらの記事も読まれています