育毛シャンプーは頭皮環境を改善するシャンプーです。
育毛シャンプーとは何?
育毛シャンプーの効果・メリットは?デメリットは?
育毛シャンプーと育毛剤との違いは何?
育毛シャンプーの選び方は?効果的な使い方は?
育毛シャンプーに関する疑問をスッキリ解決!

育毛シャンプーとは?

女性薄毛

育毛シャンプーとは、毛を育てるシャンプーです。
といってもさっぱり何のことか分かりませんね。

毛(=木)は頭皮(土)から生えています。
毛を育てるには、まず、土の環境を良くする必要があります。

市販のシャンプーは髪を洗う事を第一に考えられていますが、育毛シャンプーは頭皮の汚れを落とす事を第一の目的に作られていますので、”頭皮”を洗うシャンプーと言っても良いでしょう。

育毛とは?発毛との違いは?

育毛とは、漢字の通り、「毛を育てる」ことですが、具体的には何を指すのでしょうか?

育毛とは、生えてきた毛を途中で抜けることなく、1人前の太くて長い髪にしっかり育てることです。

「育毛」に似た言葉に「発毛」がありますが、「発毛」は、毛が抜けてしまっている毛穴に毛が生えるようにすることです。

まとめると、以下になります。

育毛=生えた毛を育てる
発毛=毛が生えてこなくなった毛穴から毛を生やす

育毛シャンプーの効果・メリット

育毛シャンプーの多くは、アミノ酸系の洗浄成分が配合されています。
その為、育毛シャンプーには以下の効果が期待できます。

・頭皮に必要な皮脂は残しながらも、皮脂や汚れをしっかり落とす。
・傷んだ頭皮や髪を修復する。
・低刺激で、頭皮や髪に負担をかけないため、肌が弱い方や頭皮トラブルを抱えている方でも安心して使用することができる。

育毛シャンプーとアミノ酸シャンプーの違い

「アミノ酸系の洗浄成分が配合」となると、「育毛シャンプーはアミノ酸シャンプーと同じ?」という考えが浮かびますが、何か違いはあるのでしょうか?
▶アミノ酸シャンプーについては⇒アミノ酸シャンプーとは?メリット・デメリット・選び方・おすすめは?

元々、「育毛シャンプー」なるシャンプーは商品名として存在しません。頭皮環境が良くなるので「育毛」が期待できるはず、というシャンプーを「育毛シャンプー」と言っているのに過ぎません。

育毛シャンプーとスカルフシャンプーの違い

また、頭皮ケアが主体のスカルフシャンプーと何が違うのでしょうか?
▶スカルプシャンプーについては⇒スカルプシャンプーとは?効果と副作用・選び方・おすすめは?

スカルフシャンプーの場合も上記と同じです。
スカルフシャンプーそのものの商品名が「頭皮を洗うシャンプー」です。頭皮環境が改善されることで育毛効果が期待できます。

男性用と女性用育毛シャンプーの違い

「育毛シャンプー」の何たるかが分かったことで、育毛シャンプーの男性用と女性用の違いも理解できると思います。

これに関しては、「スカルプシャンプーの男性用と女性用の違い」が正に「育毛シャンプー」の男性用と女性用の違いを明確に表しています。

男性と女性の頭皮の脂分の違いが成分の違いとなっています。
[関連記事]スカルプシャンプーの男性用と女性用の違い

育毛シャンプーと育毛剤の違い

育毛シャンプーは実際はアミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーの事です。

特にスカルプシャンプーは頭皮環境の乱れから来る抜け毛や薄毛を予防する効果が期待できます。

しかし、それだけでは十分ではありません。
育毛・発毛を期待するなら、肥料をやる必要があります。
この肥料が育毛剤や発毛剤に当たります。

育毛シャンプーのデメリット・副作用

育毛シャンプーのデメリット・副作用とは、アミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーのデメリット・副作用の事です。

これらのシャンプーに基本的に副作用はありません。

しかし、商品によっては副作用のような症状が出る場合があります。

・妊娠期の女性
・かゆみやフケ
・シャンプーの成分が合わない

[関連記事]スカルプシャンプーの副作用

育毛シャンプーの効果的な使い方

育毛シャンプーの使い方も、アミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーと同じです。
※基本的な使い方はどのシャンプーも同じです。

1.髪を洗う前にブラッシングで汚れを落とす。

2.シャンプー前にお湯で髪の毛や頭皮の汚れを落とす。

3.適量を手に取り、手に平でしっかり泡立ててる。

4.頭皮を洗う際は、爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので、指の腹で優しく頭皮を刺激し、血行を促進できるようマッサージする。

5.シャンプーが終わったら、よく洗い流す。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーを選ぶ時は、頭皮との相性をチェックし、自分に合った育毛シャンプー選ぶことが大切です。

・脂性肌
・乾燥肌
・敏感肌

各々頭皮の状態に合わないシャンプーを使ってしまうと、頭皮に強いダメージを与えてしまい、それが原因で薄毛になってしまうこともあります。
特に敏感肌という方は、いきなり頭皮には使わずに、ひじなどに付けて肌の変化をチェックする、パッチテストを行うのをおすすめします。