お酢ダイエットとはお酢を飲むことで痩せる簡単!お手軽ダイエット方法です。
お酢がダイエットに効果がある理由は何でしょうか?
お酢ドリンクで痩せる効果的な飲み方は?
お酢ダイエットの方法[お酢の効果とお酢ドリンクで痩せる効果的な飲み方]をスッキリ解説します。

sponsorlink

お酢の効果

黒酢ドリンク

お酢でダイエット?
本当に痩せるの?

お酢にはアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれていますが、ここに痩せる秘密がありました。
※お酢の種類について詳しくは⇒お酢の種類の違い(使い分け方)・効果をスッキリ解説!

お酢がダイエットに効果がある理由を解き明かしていきます。

脂肪燃焼によるダイエット効果

お酢に豊富に含まれるアミノ酸には脂肪燃焼効果あります。

特にランニングやウォーキングなどの有酸素運動の前にお酢を摂ると、脂肪燃焼効果が高まります。

運動の前にお酢ドリンクを飲みましょう。

また、クエン酸にも脂肪燃焼効果があるという話もあります。

また、お酢を毎日摂ることで、内臓脂肪を減らす働きがあることがわかってきました。

お酢脂肪燃焼効果、内臓を減らす効果によりダイエット効果が期待できます。

新陳代謝UPによるダイエット効果

スポーツで疲労回復にレモンをかじったりしますが、あれはレモンのクエン酸に疲労回復効果がある為です。

お酢にはクエン酸が豊富に含まれています。

疲労回復が早くなる=エネルギーを作るスピードが上がる
即ち、新陳代謝がUPするということです。

基礎代謝のアップはダイエットの基本です。

お酢の新陳代謝のアップでダイエット効果を期待できます。

そして、新陳代謝のUPは冷え症改善・むくみ解消効果につながります。

冷え症改善によるダイエット効果

お酢に含まれるクエン酸の働きで新陳代謝がアップすると効率的にエネルギーを体温に変換できます。

即ち、お酢は冷え症の改善が期待できます。

そして、「エネルギーを体温に変換」ということは、カロリーを消費していることなので、消費カロリーの増大=ダイエット効果=痩せやすい(太りにくい)体質ということになります。

冬場は夏場に比べて痩せやすいというのはご存知ですか?
それは冬場は温度を低いので、体温を維持する為により多くのカロリーを消費する必要があるからです。

逆に温度が高い夏場は痩せにくいとも言えます。

むくみ解消によるダイエット効果

お酢に含まれるクエン酸によって、新陳代謝が活発になることで冷え性が改善されると、血流がよくなり、むくみが解消されます。

「むくみ」は体に余計な水分が溜まっている状態なので、余分な水分が体外に排出される=体重減少となり、ダイエット効果が期待できます。

便秘解消によるダイエット効果

体に余分なものを溜め込んでいるのは便秘も同じです。
便秘になると、老廃物が体に溜まり、新陳代謝が低下します。

便秘はダイエットの大敵です。

お酢には胃酸の分泌を促す作用があり、胃酸やお酢の成分そのものが胃や腸を刺激し、ぜん動運動を活発にすると言われています。

また、お酢には、腸内の善玉菌を増やすことで、便通の改善効果が期待できます。

便通の改善によりダイエット効果が期待できます。

血糖値コントロールによるダイエット効果

大さじ一杯(約15ml)のお酢を使った料理や飲み物をメニューに加えると、食後の血糖値上昇が緩やかになることが科学的に証明されました。

急激な血糖値上昇が繰り返されると、糖尿病につながるおそれがあります。

そして、血糖値の急上昇は太る原因になります。
何故なら、急上昇した血糖値を下げる為に分泌されるインシュリンが、糖を脂肪に変えるからです。

「脂肪が増える=太る」ことなので、お酢によって血糖値がコントロールされると、太りにくくなり、ダイエット効果が期待できます。

以上の様に、お酢には様々な理由からダイエット効果が期待できます。
次にお酢の効果的な飲み方を見ていきます。

お酢の効果的な飲み方

お酢は基本、料理に使いますが、お酢ドリンクにして飲むことで簡単!お手軽にお酢を摂ることが出来ます。

ダイエットの成功は継続にかかっていますので、「簡単!お手軽」にできることが、大切です。

お酢を飲むタイミング

お酢を飲む際に、濃度が高い原液を飲んだり、、一度に多量に飲み過ぎると、胃や食道・口腔内の粘膜を荒らして傷つける可能性があります。

特に子どもや胃腸が弱い人、または空腹時はお酢を飲むと胃腸に負担を与えてしまう場合があり、胸やけなどを起こす事も…。

お酢は5~10倍に薄めて、食中または、食後に飲みましょう。
※勿論、お酢を料理に使って構いません。

それと、前述しましたが、運動前にお酢を摂取すると脂肪燃焼効果が高まります。

お酢を飲む量

お酢は1日15ml摂ると効果があると言われています。
しかし、お酢がいいからといって沢山摂るのはお勧めできません。
多くても30ml程度に抑えましょう。

お酢ドリンクの注意点

酢の成分が口の中に残っていると歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあります。

特に寝る前に飲んだ時は注意が必要です。

酢を飲んだ後は必ず歯を磨きましょう。

お酢ドリンクに向いているお酢の種類

お酢ドリンクに向いているお酢はリンゴ酒と玄米酢です。

その他のお酢は飲みにくいのでお勧めできません。

お酢ドリンクの作り方

リンゴ酒と黒酢は他のお酢に比べると飲みやすいですが、そのまま薄めても飲みにくいので工夫が必要です。
※黒酢について詳しくは⇒黒酢とは?米酢・玄米酢・玄米黒酢の違い&黒酢の効果・副作用・飲み方

お酢ドリンク作り方は簡単です。

大さじ1杯(15ml)に水を150mlになるまで(135ml)加え、はちみつ大さじ1杯(15ml)を溶かすだけ。
※水の量は飲みやすさに合わせて加減して下さい。

また、水の代りに炭酸水、牛乳、豆乳で割ると美味しいです。

市販のお酢ドリンクが販売されており、手軽に飲めます。
但し、糖質が多く含まれると、ダイエット向きとは言えないで、糖質の量をチェックしましょう。

甘味料に砂糖ではなく蜂蜜を使ったもの選びましょう。

リンゴ酢ドリンク

薄めて飲むタイプ[1L]です。

黒酢ドリンク

手軽にお酢が取れる125mlタイプです。希釈する必要はありません。

また、お酢が原料のサプリメントも開発されています。
お酢ダイエットは継続してこそ結果に繋がるので、お酢料理やお酢ドリンクを毎日続けるのが難しい方はお酢サプリで補給するのがおすすめです。