新型コロナウイルスが猛威を振るい、その感染力は弱まる気配を見せない。
ここで素朴な疑問。
ウイルスと細菌の違いは?
インフルエンザは「インフルエンザウイルス」ということから「ウイルス」と分かるが、風邪の原因は細菌?
これらの疑問を解決すべく、医療関係者・医療機関の執筆した記事を読んでみたが、「ウイルスと細菌の違い」について「わかりやすい」とは言いがたかった。
そこで「ウイルスと細菌の違い」を特徴及び対策の観点から分かりやすくまとめてみました。
「ウイルスと細菌の違い」を知ることで、何故、新型コロナウイルスの発生から早3ヵ月になろうとしているが、何故、「人と接触するのを避ける」以外に主だった対策がないのかが理解できる。

sponsorlink

感染症とは?

感染症とは、病原体(=病気を起こす小さな生物)が体に侵入して、症状が出る病気のこと。

咳

病原体には以下の種類がある。

●ウイルス
●細菌
●真菌(カビ)
●寄生虫

ここで、ウイルスと細菌を取り上げる。

ウイルス

ウイルスの種類

ウイルスには以下の種類がある。

●風邪●インフルエンザ●ノロウイルス●水疱瘡(みずぼうそう)●おたふくかぜ●麻疹(はしか)●風疹●ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)●デング熱●エボラ出血熱●コロナウイルス●その他

ウイルスの特徴

ウイルスには以下の特徴がある。

●細胞がない
●栄養を摂取したり、エネルギーを生産したりしない
●自力で動くことはできない
●ウイルス単体は自力で増殖できない
●細胞に寄生して増殖

細菌

細菌の種類

●大腸菌●黄色ブドウ球菌●結核菌●その他

細菌の特徴

細菌には以下の特徴がある。

●細胞を持つ
●栄養を摂取し、そこからエネルギーを生産している
●自分で増殖
※細胞分裂を繰り返すことによって生存・増殖も行っている

乳酸菌や納豆菌も細菌?

健康に良いと言われる乳酸菌や納豆菌も細菌である。
但し、病原体となる細菌は人体に有害な細菌だが、乳酸菌や納豆菌等の細菌は人体に有用な細菌(善玉菌)である。
人の体には多くの種類の細菌がいて、皮膚の表面や腸の中の環境を保っている。

ウイルスと細菌の違い

細胞のあるなし

ウイルスと細菌の特徴を各々見てきたが、決定的な違いは以下だ。

●ウイルス:細胞がない
●細菌:細胞(細胞壁)がある

このことから、「細菌は生物であり、ウイルスは生物とはいい切れない」。
※出典元:細菌とウイルスの違いとは?|Medical Note

大きさの違い

細胞のあるなしによって大きさにも違いがある。
大きさはウイルスと細菌の種類によっても異なる。
以下は一例。

●インフルエンザウイルス:直径0.1μm程度
●緑膿菌:直径1μm程度

※出典元:感染症の基本「細菌とウイルス」|AMR臨床リファレンスセンター

即ち、ウイルスと細菌とでは大きさに10倍以上の差がある。

ウイルスと細菌の違いをまとめると以下になる。
そしてこの違いが、対策の違いに現れる。

●ウイルス
・細胞がない
・直径0.1μm程度
●細菌
・細胞(細胞壁)がある
・直径1μm程度

ウイルス・細菌対策

新型コロナウイルスの感染予防対策として以下の方法が推奨されている。

●マスク
●手洗い・うがい
●人との接触を避ける
●換気の良くない空間は避ける

マスクはウイスルを含んだ飛沫感染を予防する効果がある。
これについては以下の記事をご参照ください。

マスクにウィルスカットの予防効果はある?【新型コロナウィルス】

ここでは、抗菌薬(抗生物質、抗生剤)、抗ウイルス薬の効果を取り上げる。

抗菌薬(抗生物質、抗生剤)

先にウイルスと細菌の違いは「細胞(細胞璧)のあるなし」にあると述べた。

この違いを利用したのが、「抗菌薬」である。
細菌は「細胞壁」で守られているが、「抗菌薬」には、その「細胞璧」を壊す働きがあり、細胞璧」を壊わされた細菌は死滅する。

そして、人間の細胞には「細胞壁」がないので、人体に影響はない。

従って、抗菌薬は細胞壁のある「細菌」には効果がある。
しかしながら、そもそも「細胞」を持たない「ウイルス」には抗菌薬は全く効果が無い。
※参照元:感染症の基本「抗菌薬とは」|AMR臨床リファレンスセンター

抗ウイルス薬

抗ウイルス薬とは、いわゆる「ワクチン」のこと。
インフルエンザウイルスの場合、予防接種があるが、これは「ワクチン」ではない。

新型コロナウイルスに効く抗ウイルス薬は開発されていない

抗ウイルス薬はまだ少数しか開発されていない。

しかし、新型コロナウイルスの抗ウイルス薬はまだ開発されていない。(記事投稿時点)
これが、新型コロナウイルスに効果のある対策を取れていない大きな理由である。

風邪は風邪薬では治らない

風邪を引いた時に風邪薬を飲む方は多いと思う。
しかし、風邪ウイルスに効く薬は開発されていない。
風邪薬は風邪の症状を抑えるだけだ。

風邪を治すには免疫力を高めるしかない。

消毒液は新型コロナウイルスの感染予防対策に有効か?

では、新型コロナウイルスの感染予防対策として手洗いやアルコール消毒が推奨され、消毒液が品薄・売り切れになっているが、そもそも消毒液は新型コロナウイルスの感染予防に効果はあるのだろうか?
※これについては別記事参照

【当記事を書くに当たって参照した記事(文中リンク以外)】

[sc name=”mask_kanren” ]